« 2009年7月 | トップページ | 2010年6月 »

2009年8月

信州は実りの秋を迎えモモ、リンゴ、クリが収穫時期を迎えます

長野県、北信地方ではもう秋風が吹き出しました。秋風とともに、モモ、リンゴ、クリなど秋の果物の収穫時期を迎えています。今日は北信地方の果物の実りを紹介しましょう。写真をクリックすると写真が拡大します。

Image001 小布施町のモモの実写真

小布施町は果物の生産が盛んな地域です。モモの実もきれいに色づき食べごろを迎えています。この時期の信州は最高です。

Image021 小布施の街に実るリンゴの写真

小布施町はリンゴの生産も盛んです。街の街路樹のリンゴも大きく食べごろを迎えています。もうじき色づきそうですね。おいしそうです。

Image007 小布施のクリ御飯の写真

小布施の名物はクリおこわ御飯です。小布施のクリは江戸時代から有名です。この時期のクリおこわ御飯は最高です。クリ落雁やクリ金時もたまりません。

小布施町周辺地図は下のアドレスからどうぞ

http://www.mapion.co.jp/m/basic/36.692143053532966_138.31846925688427_9/t=simple/size=600x550/icon=home,138.332713333333,36.6933741666667/?map.x=316&map.y=362

Image009 赤く色づく須坂のリンゴ写真

小布施町の隣町須坂市も果物の生産が盛んです。須坂市のリンゴはもう赤く色づいていました。北信地方ではリンゴの収穫時期を迎えます。

須坂市周辺地図は下のアドレスからどうぞ

http://www.mapion.co.jp/m/basic/36.65301554343862_138.3106410169208_7/t=simple/size=600x550/icon=home,138.332713333333,36.6933741666667/?map.x=314&map.y=309

Image017 ブドウも収穫時期を迎えています

信州ではブドウも収穫時期を迎えています。ブドウが熟して色が変化しています。食べごろになるのはもうすぐですね。現地でなければ見ることができない風景です

Image011 信州の小京都須坂の蔵の街並み写真

小布施、須坂は信州の小京都といわれています。古い街並みや蔵造りの街並みが人気です。小布施には江戸時代に活躍した葛飾北斎の作品が多く残されています。

小布施須坂の詳しい情報は下のアドレスからどうぞ

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/obuse.htm

Image036 志賀高原長池のコケモモ写真

志賀高原長池ではもう秋を迎えていました。コケモモの赤い実がきれいにできています。高原では秋の花が見ごろです

志賀高原長池周辺地図と情報は下のアドレスからどうぞ

http://www.mapion.co.jp/m/basic/36.7066916666667_138.498875555556_7/t=simple/size=600x550/icon=home,138.498875555556,36.7066916666667/

長池情報http://homepage3.nifty.com/88yokohama/snagaike.htm

Image004 ツバメオモトの実もきれい

長池のツバメオモトの実も青くてきれいです。秋の花もきれいな信州の旅はこれからが最高の季節です。このページの写真は下のアドレスからもご覧下さい。

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/shigacolor.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年6月 »