奈良観光散歩

奈良平城宮東院庭園は奈良時代の発掘復元された素晴らしい庭園

平城京遷都1300年で賑わう、奈良平城宮跡東の張り出し部に東院庭園があります。東院とは奈良時代孝謙天皇、称徳天皇の時期に使われた言葉で東宮(皇太子の住居)をさしているようです。ここは外国の賓客(奈良時代この付近は国際都市だったようです)をもてなす場所でもありました。奈良平城宮跡東院庭園を散歩すると、「いにしえの奈良の・・・」を実感できます 。また東院庭園に咲く季節の花もきれいです。

Dscn27491_2

平城宮跡東院庭園と青カエデ写真

平城宮跡東院庭園周辺地図(赤+が東院庭園)

Dscn27801

平城宮跡東院庭園の復元された池写真

平城宮跡東院庭園跡周辺アクセス地図

平城宮跡東院庭園は無料で見学できます。1967年から発掘された遺構をもとに科学的根拠で復元されたすばらしい施設です。庭園は平安時代の庭園に似ており、奈良時代には平安時代の形式に似た庭園が造られていることがわかります。平城宮跡東院庭園内の庭園には玉砂利が敷かれていますが、これは発掘結果から再現されたものです。

Image002

平城宮跡東院庭園の反り橋とショウブの花写真

また庭園内にはショウブの花やカエデが植えられています。これらの植物も発掘された種子や花粉をもとに再現されています。

Image004

平城宮跡東院庭園で発掘された青(緑色)の蓮華文軒丸瓦写真

Dscn27881

平城宮跡東院庭園で発掘された奈良時代の鬼瓦写真

東院庭園展示室には東院庭園から発掘された蓮華文軒丸瓦も展示されています。色は鮮やかな緑色で、当時詩によまれた「あおによし・・・」の青の色ではないかと考えられています。また奈良時代の鬼瓦も素晴らしく一見の価値があります。

Dscn27871

三彩で彩られた平城宮跡東院庭園の瓦写真

東院庭園の三彩で彩られた瓦を見ると、この建築物が豪奢な建物であったと想像されます。三彩の瓦は中国唐時代の唐三彩のようですね。当時最先端の中国の文化を積極的に取り入れていたようです。当時奈良は国際都市で、東院庭園が奈良時代の迎賓館の役割もしていたようです。東院庭園は庭園の素晴らしさだけでなく、展示品の質も高くお勧めの場所です。

Image004_2

平城宮跡地で行われる衛士による行列写真

Dscn27471

東院庭園前に飾られた初夏の花々写真

奈良平城宮跡東院庭園を散歩すると、「あおによし奈良の都は咲く花のにおうがごとし今盛りなり・・・」の景色が目に浮かびます。無料で素晴らしい庭園の展示品が見れるのは嬉しいですね。

よろしかったら下のページもご覧になってください。

平城遷都1300年奈良平城宮花散歩

奈良花の街

平城宮東院庭園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平城遷都1300年奈良は今年注目です

平城遷都1300年を迎えた奈良は今年注目の街です。県庁所在地の街でありながら、日中シカが街中をゆっくり歩く場所は他にありません。古い文化と自然が融合する奈良を歩いて見ましょう。

Image001_2

平城宮大極殿写真

平城宮大極殿周辺地図

Image006

平城宮衛士(えじ)による行進写真

平城宮跡の見学は無料です。平城宮大極殿の中には玉座や、鴟尾などが展示されています。

Image002_4

東院庭園のハナショウブ写真

平城宮跡東院庭園周辺地図

東院庭園は平城宮跡の外れにある庭園です。発掘され復元された奈良時代の庭園ですが、平安時代の庭園の原型になっています。展示館には発掘された緑色の蓮華文軒丸瓦なども展示されています

Image005_4

奈良公園の鹿写真

シカの散歩道周辺地図

平城宮跡の見学が終わったら、広大な奈良公園を散歩するのも良いですね。必ず鹿にも出逢えるはずです。

奈良平城宮・奈良周辺の情報は下のページからご覧下さい

遷都1300年平城京花散歩 平城宮朱雀門 奈良公園花散歩  東院庭園 奈良花の街 奈良市ならまち花散歩 奈良大乗院花探訪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遷都1300年奈良市ならまち散歩はレトロな街並みが人気

来年平城京遷都1300年を迎える奈良市ならまちは現在たくさんの観光客で賑わっています。奈良市にある古い街並みを残す「ならまち」は1300年の歴史を刻む庶民の街です。今でも古い街並みや習慣が残り、レトロタウンとして注目のエリアです。奈良市ならまちを写真と地図で紹介します。写真をクリックすると拡大します。

Image001 ならまちにある元興寺山門写真

元興寺は1300年前に明日香にある日本最古の寺、飛鳥寺が移築されたものです。1300年の歴史を感じさせます。

Image003 ならまちには古いレトロな街並み写真

庶民の町ならまちにはレトロな街並みが続きます。ならまちを散歩するとなんだか故郷へ帰ったような気がします。そんな優しい街並みが人気なのですね。

Image002 格子の家と身代わり申写真

ならまちにある格子の家は古い民家を、無料で見学できます。間口は狭いですが奥が続いています。昔の税金対策だそうです。

Image006 アジサイもきれいですね

ならまちの街にも季節の花が咲いています。梅雨時はアジサイの花がきれいです。素敵な街並みの散歩に嬉しいですね

Image007 ならまちには古いお店もあります

ならまちにはレトロなお店もあります。そんなお店を覗いたり、買い物に寄るのも花散歩の楽しみです。

Image009 身代わり申もおもしろい風習です

ならまちは古い街なので昔の風習が残っています。街の軒先に赤い人型の人形が下がっています。身代わり申(さる)と言うそうです。かわいいですね。

Image011 ならまちの先には猿沢の池があります

ならまちを散歩して北に進むと猿沢の池に出ました。今年阿修羅像で話題になった興福寺の五重塔が見えます。池のほとりで休むのも良いですね

Image015 シカと戯れるのも良いですね

ならまちのすぐ先は奈良公園です。奈良公園でシカと戯れるのも楽しいです。奈良公園は世界遺産なので外人さんも多いですね。

Image014 古い石仏も歴史を感じさせます

街角には古い石仏なども残されています。ここが1300年前に都で栄えた場所だったのですね。歴史を感じさせるならまち散歩です

Image018 せんと君まんと君も人気急上昇

当初不評だった、せんと君まんと君も最近人気急上昇中です。奈良市内の街角でよく見かけます。記念写真も良いですね。

奈良市ならまち花散歩の詳しい情報は下のアドレスからどうぞ

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/naratown.htm

平城京遷都1300年の情報は下のアドレスからどうぞ

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/nheijo.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の平城京散歩は春の花がきれいです。1300年のロマンを誘います。

tulip春の日差しが暖かく感じられる、奈良平城京にも本格的な春がやってきました。来年は平城京遷都1300年を迎える奈良では、遷都君も登場して記念行事の準備が進んでいます。今日は春の平城京を散歩してみましょう。奈良地方では、ウメの花やツバキの花がきれいです。写真をクリックすると写真が拡大します。tulip

Image001 shine平城京朱雀門は大きいですshine

平城京は1300年前に中国の都を模して建造されました。朱雀門は平城京への入り口の門です。朱雀門前の朱雀大路は道幅が75mもあります。

Image002 bus京都市営地下鉄から近鉄奈良への直通列車bus

平城京は広大な面積を持っています。その遺跡も広いです。平城京跡へは近鉄奈良線新大宮下車徒歩20分ほどです。

Image013 cherry平城京跡地に咲くサザンカやツバキがきれいですcherry

平城京はとても広いです。ゆっくり歩くか、自転車も良いでしょう。山茶花の花やツバキの花がきれいです。タンポポも咲き出しました。

Image005 annoy復元された東院庭園は必見ですannoy

東院庭園が復元されました。私の印象としては、平城京の東院庭園は平安時代の庭園を思わせます。次の時代の到来を予感させる遺跡です。

Image010 happy01平城京復元倉庫郡と礎石の遺構happy01

平城京跡には復元された、倉庫郡もあります。堂々とした建造物郡で、平城京を造営した物資も多く豊富であったことをうかがえます。礎石の遺構を見ると当時の都市を想像できます。

Image014 typhoon平城京の北部には宇和奈辺古墳陵墓などが散在しますtyphoon

平城京跡の少し北に足を伸ばすと、宇和奈辺古墳陵墓参考地をはじめ多くの古墳陵墓が散在します。まだ歴史的に解明されていない事も多いようですが、散策すると古代のロマンを感じさせてくれます。

Image018 shine法華寺も花がきれいな寺ですshine

法華寺は平城京跡東院庭園のすぐ近くにあります。奈良時代総国分尼寺として威光を放った寺です。十一面観音が開帳される時期は賑わいます。

Image016 tulip不退寺・業平寺は花の寺として知られていますtulip

宇和奈辺古墳の近くに不退寺(業平寺)があります。在原業平ゆかりの寺として知られています。境内にはツバキの花など季節の花がきれいです。

Image005_2 heart04奈良公園の鹿と戯れるのも楽しいheart04

平城京跡から奈良公園はすぐです。奈良公園で鹿と戯れるのも良いですね。奈良公園周辺でも平城京遷都1300年を記念する準備が行われています。

詳しい平城京遷都の情報や地図は下のアドレスからご覧下さい。

平城京花散歩http://homepage3.nifty.com/88yokohama/nheijo.htm

奈良公園花散歩http://homepage3.nifty.com/88yokohama/nara.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の奈良公園は散歩に最適、正倉院展も好評60回記念です。

奈良公園も秋色になってきました。もうしばらくすると、ナンキンハゼの葉やカエデの葉が色づきます。散歩には最適な季節になりました。奈良公園内にある、奈良国立博物館では第60回正倉院展が開催されています。素晴らしい正倉院の宝物を見るチャンスです。この機会を逃すと、もう見ることのできない宝物も多いです。奈良公園の散歩と正倉院展見逃せないですね。

Image001 奈良公園興福寺五重の塔

Image004 鹿と戯れるのも楽しいですね

Image010 春日大社も素晴らしいです

Image014 二月堂からは眺めが良い

Image016 東大寺の大仏はすごい

Image020

正倉院入り口

Image021 正倉院展は奈良国立博物館で開催

Image023 買い物も楽しみ

奈良公園で秋の散歩を楽しんでください。詳しい情報は「奈良公園花散歩」下のアドレスからどうぞ

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/nara.htm

maple奈良公園のナンキンハゼノキの蝋を含んだ白い実ができて、葉が色づいてきたそうです。(11月3日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奈良長谷寺はこの秋注目の場所です

奈良長谷寺にも本格的な秋がやってきました。今秋の花がきれいです。これから紅葉の時期はさらに美しくなります。また長谷寺も舞台となった、ドラマ万葉ラブストーリーは全国ネットで放映され、好評でした。NHK趣味悠々でも、西国巡礼の舞台として紹介されるそうです。楽しみですね。もちろん実際に長谷寺に行けば、感動します。

Image048 長谷寺の長い登廊は素晴らしい景色です

Image059 ヒガンバナと長谷寺の境内

Image005 境内からの眺め

くわしい情報は下のページからご覧下さい

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/narahase.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日香・飛鳥路は秋の花、ススキ、コスモスがきれいです。

奈良県明日香地方は日本の古代国家発祥の地と言われています。今はのどかな田園風景が広がっていますが、古代には国際的な都市だったようです。そんな古代の浪漫を思い浮かべながら、秋の明日香路を散策すると秋の花やススキ、コスモスなどが咲いています。秋にお勧めの散歩道です。

Image002 飛鳥歴史公園のススキ

Image010 田んぼのあぜ道のヒガンバナ

Image007 水田とコスモスの花

詳しい明日香・飛鳥散歩の情報は下のページからご覧下さい。

http://homepage3.nifty.com/88yokohama/asuka.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)